引越し月別

引越し繁茂期(3・12月)

 

繁茂期と呼ばれる3・12月の引越しは、予約が困難で料金が高いことで知られています。
土日祝日には早い段階で予約が埋まってしまうことも珍しくありません。
特に新生活のはじまる3月末〜4月頭には引越しが集中するので、平日を選んだり引越し時期をずらしたりするのもお勧めです。

 

どうしても繁茂期に引越しの予約を取りたい場合には、曜日を選ばないだけではなく、時間を選ばずに仏滅などの比較的予約が取りやすい日を狙うのもお勧めです。
繁茂期の引越では、アルバイトを駆使して作業を行う業者も珍しくありません。
万が一のトラブルを避けるためにも、費用だけではなく保険や保証内容を必ず確認をしてくださいね。
そして繁茂期は、引越しが集中する時期なので、粗大ゴミの収集も普段より時間がかかるケースが多くありますので注意が必要です。
自治体によっては2〜3週間以上待つケースもありますので、引越しが決まったら早めに申し込みをしてください。

 

春(4月〜5月)

 

繁茂期の3月、そして4月〜5月の引越しで特に注意したいのがGWです。
一般的に引越しの繁茂期は3月ですが、GWなどの長期休暇にも引越しを行う方が多くいらっしゃいます。
その為、3月〜GWにかけては引越しの予約が取り辛いことも多いです。

 

梅雨の時期(6月)

 

梅雨の時期の引越しでは、雨の日は道が渋滞することが多い上に、引越しの荷物が多少濡れてしまうケースがあります。
強い雨が降ってしまうと、段ボールが濡れてしまうのも仕方ないですよね。
そこで不要なタオルを捨てずに取っておいて、段ボールや濡れた家具を拭くのがお勧めです。
新居へ搬入する前に水滴を拭いて綺麗にしましょう。
カビの繁殖を防ぐためにも、ずぶ濡れになってしまった荷物は早めに開梱して収納してくださいね。

 

夏(7月〜8月)

 

夏場の引越しで注意したいのが熱中症です。
こまめな水分補給と休憩を心がけ、無理をしないことが大切です。作業員さんにも気を配ってあげてくださいね。
引越し作業を手伝う場合には、暑くても帽子をきちんと被りサンダルではなく靴を履きましょう。
サンダル履きだと万が一荷物を足の上に落としてしまった時に怪我をしてしまいます。

 

また注意したいのが冷蔵庫の中身を運びたい時です。
冷蔵品や冷凍品は夏場は特に痛みやすくなってしまうので、なるべく使いきってから引越しをするように心がけましょう。
どうしても新居へ運ぶ必要がある場合には、発泡スチロールに氷や保冷材などを利用します。
冷蔵庫のコンセントは引越し前日に抜く必要があり、また冷蔵庫は設置してから1時間程度の時間がたたないと電源を入れるのが推奨されていません。
その為、引越しをする距離によってはかなり長い時間食材を冷蔵庫に入れることができないのです。
冷蔵品や冷凍品を運ぶ場合には、当日の朝に氷を補充するなどの配慮をしてくださいね。

 

秋(9月〜11月)

 

秋の引越しは、引越しの相場が安く過ごしやすい季節なのでお勧めといわれています。
シルバーウィークなどの長期休暇には、予約が取り辛いこともありますので早めに予約をしてください。
天候にも恵まれやすい秋の引越しですが、9月は8月に引き続き台風のトップシーズンです。
天候による延期やキャンセルなども考えられますので、見積もり時に規約やキャンセル料を必ず確認してください。

 

冬(1月〜2月)

 

寒い季節の引越しは、引越しの件数が少ないために相場より安く引越しをすることが出来るケースが多いです。
しかし寒さに耐える必要があるのがネックです。
搬入や搬出時にエアコンを取り外して運搬する間には、エアコンを使うことが出来ません。
またヒーターなどを付けていても、荷物の運搬に必要なのでドアを解放することが多く、室内の気温が下がってしまいます。

 

コートなどの防寒着を用意するだけではなく、引越しの荷物に間違って入ってしまわないように着用したりわけておくことも大切です。
冬の引越しのトラブルで注意したいのが、雪による遅延や中止です。
大雪で渋滞して想定よりも引越し時間が長くなってしまうケースや、トラックが到着しない場合には引越しを延期するケースなどもあります。
天候による延期やキャンセルでは、キャンセル料などが掛ってしまうこともありますので、見積もりを取る際に必ず確認をしてください。

 

引越しの見積もりは複数業者に早めに依頼することが肝心です

 

引越しの申し込みは早ければ早いほど、希望が通りやすいだけではなく引越しの料金を安くすることが出来ます。
特に引越しの日程や時間にこだわりがある場合、そして繁茂期などは、引越しが決まったらすぐに見積もりの申し込みをするのがお勧め。
複数の業者に一括で見積もりを取れる引越し価格ガイドを利用して、無料見積りでかしこくお得に引越しをしましょう。

 

引越し料金一括見積もりサービス 引越し価格ガイド