引越し料金安い日

日取りや時期によって引っ越し料金は変動します

引っ越し業者を選ぶ際に、みなさん料金価格やサービス内容で比較してはいないでしょうか。
もちろんこれらは引っ越し業者選びの基本ではありますが、実は引っ越し料金に限っていえば、
業者選びだけでなく引っ越す時期や日にちも大きく関係してくるのです。

 

特に引っ越しは、転入転出の多い時期や土日祝の連休といった日にちに集中して行われるため、
この時期の引っ越しは通常よりも料金が割増されています。

 

しかも次から次へと現場にスタッフは行かなくてはならないため、作業が雑になることもしばしば。
そのため、より丁寧により安く引っ越しをしたいと考えているのであれば、
業者選びよりも先に「引っ越しをする日」を選んだほうが、賢いかもしれません。

 

引っ越しの繁忙期とは

学生さんや新社会人の方たちが引っ越す時期といえば、入学・入社前の2月下旬〜3月。
この時期は引っ越し業者最大の書き入れ時であり、どの業者も前々から予約で手一杯です。
そのため、この時期に突然「引っ越しをお願いしたい」と頼んだとしても、断られることが関の山。

 

前々から既に引っ越し予定が決まっているということであれば、
もう少し早めの1月〜2月頭に引っ越しを行うと、安くスムーズに新居へと移ることができます。

 

そしてもう一つ料金が高くなる時期といえば、連休や土曜日。
特に転勤移動の場合、月曜日からの出社準備などもありますので、
みなさん土曜日を狙って引っ越しを行います。

 

引っ越しの仕組みは休日のレジャー施設と同じと考えると良く、
人が集まる土日ほど引っ越し業者も忙しく、そして休日料金が追加されることとなるのです。

 

さらには、月契約の家賃を無駄なく使いきってスライド入居したいと願う人達も多いため、
月末も意外に引っ越しが集中し、尚且つ料金が高くなる傾向にあります。

 

人が引っ越さない時期を狙おう

このように、人が引っ越しを行わない時期が、安く引っ越しを済ますことのできる狙い目なのです。
そのためこれらをまとめると、「移動が始まる1月や、
移動が終わった5月の連休明けの平日で、尚且つ月の中盤」が一番料金が安い日にちとなります。

 

繁忙期と比べると最大で半額以上も安くなる場合もありますので、
急ぎの引っ越しでなければ、このような日取りを狙うと良いのではないでしょうか。

 

見積もりはお早目に複数社へ見積もりを出しましょう

引越しをしたい日が決まっても引越し会社が混雑していたりすると少し料金が高めになることもありますし、
空いていなかったら別の日にしなければいけません。
一括見積もりサービスを利用して、日にちを入力して空き状況を確認して早めに業者を比較しましょう。
見積もりは無料で、必要事項を入力すれば引越し内容に適した引越し業者が見つかり、一括で見積もりを出せます。
とっても人気のある引越し価格ガイドがおすすめです。

 

引越し料金一括見積もりサービス 引越し価格ガイド